のぼりについて   

2009年 04月 28日

のぼりについての思い出といえばやはり鯉のぼりでしょう。
今の季節ちょうど元気に空を泳いでいますね。
5月のそよ風は1年で一番過ごし易いです。
なぜか4月になると河川でもコイが大量に登ってきて産卵します。
黒いコイが多いですね。
自分は幼年期は母親の実家で育ったのでそちらにも鯉のぼり(高さは6〜7m)はあったのですが、
今住んでいる父親の実家にも鯉のぼりがありました。
何でも祖父と父親の弟のおじさん(当事20才ぐらい)が近くの竹林から
切り出して運んできたらしいです。
こちらも6〜7mありました。
この5年ぐらい前に家の物置きから40年ぶりぐらいに発見しましたが
崩れていたので燃やして畑の肥料にしました。
高知県ではのぼり旗は、フラフといい写真を見ると
自分のは源平合戦の那須与一の扇の的当ての図でした。
何か面白いですね。





215_60
















[PR]

by tetsuo_maeda | 2009-04-28 21:38 | バジンププレス | Comments(0)

<< 母の日のプレゼントなら バイクブ−ンの招介です >>